Top
飯島奈美さん
c0223451_1954194.jpg

写真でこっちにピースしてるのはなんと・・・フードスタイリストの飯島奈美さんです。。

う・・・う・・う・・・(感涙)。会ってしまいました。。。飯島奈美さんに。。うううう。
本とDVDにもサインもらっちゃました。(感涙)。
飯島さんのつくったごはんまで食べてしまいました・・・・。(大粒涙)。

私の友人やこちらのブログを見てくださってる方はご存じのとおり、私は映画「めがね」の
大ファンで、もう100回200回と見ています。都会の女性がちいさな離島へ一人旅する映画。
そこで出会った民宿の人々や旅に来た人々、そこにある自然との出会いが女性の人生を
解きほぐしていく。という映画です。その映画の中心となるのがでてくる「ごはん」。もうひとつの
主役がごはん。そのフードスタイリストをされているのが、飯島奈美さんです。

私たち夫婦はもう数えきれないくらい「めがね」を見て、そこのお料理を見て、島での暮らし
というのを大阪でふんわり思い描いて生きていました。「めがね」は私にとって人生を大きく
動かしてくれた、間違いなく人生で一番大切な映画です。

日々のお料理も飯島さんの料理の本をよんで、作っている我が家。つまり・・・・・大ファンです。
おじゃましちゃいけない・・おじゃましちゃいけない・・・と思いながら、はたと気が付けば
取材先に本とペンをもって息をひそめて近づく超怪しい私。取材に同行していた旦那の
「こいつほんまにきおったわ・・」という顔を完全無視。だって・・だって飯島さんが小値賀にっ!
人生で初めてサインをもらいました。

しかも、モジモジしながらDVDにサインをおねだりする怪しげな三十路を気遣い
「取材でつくった飯島さんのお料理一緒に食べましょう」と記者さんがお声掛けくださって
ごはんまで食べちゃうというこの奇跡!こんなことがあっていいのかっ!ああ人生よ!

飯島さんのおとなりで一緒にビール飲んであこがれの飯島さんのおいしいおいしい
ほっこりあたたかりご飯をいただきながら、私がいかに「めがね」が好きか、飯島さんの
料理がいかに好きかを、ストーカー的鬼の形相で語りました。さぞウザかったであろう。

飯島さんは鼻息荒い私にも優しく、めがねの裏話や色々な制作現場の楽しいお話を
してくださいました。

ああ、おいしかった。たのしかった。うれしかった!。
ふんわり願ってることって叶うんだなあ。神様にほんとうに感謝します。

飯島さんは自然体で飾らない、でもチャーミングで本当に素敵な方でした。
目がキラキラ。ごはんを作ってる姿を見てるだけで嬉しくなっちゃいました。
そしてごはんを食べてさらに嬉しくなっちゃいました。

そしてカメラマンさんと記者さんのおふたりも美しい女性。すごく素敵な方で、一緒にいて
たくさんしあわせな気持ちをいただきました。飯島さんは勿論のこと、同行されていたお二人に
出会えたことも同じくらい幸せな出会いでした。またみなさん遊びにきてほしいな。


c0223451_2031938.jpg

晴れてよかったなあ。島も飯島さんたちを歓迎していました。
アエラと本でそれぞれ掲載を予定されてるようでしたので詳細がわかりましたら
またご報告します。

めがね


飯島さんのお仕事

[PR]
Top▲ | by kurashi-asobi | 2011-06-29 19:51 | 島での暮らし
<< 民泊きよすみ | ページトップ | 戦利品 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin