Top
<   2010年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
こんにゃくは凍らせるべし

唐突ですが・・・・

我が家はこんにゃく消費量が多いです。

夫婦でこんにゃくが好きなのでやたらめったら食べてます。

我が家の最近のおきにいりは
こんにゃくを一旦凍らせてから料理につかうこと。
c0223451_10574785.jpg


茨木の伝統的な保存食「凍みこんにゃく」というのをテレビで見て
じゃあうちも。とポイっと冷凍庫にいれてみましたところ
普通にいただくこんにゃくとはまた違う食感で
とーってもおいしかったのでそれから続けています。
スーパーでこんにゃく2個買ったらそのうち1個は冷凍庫。という感じです。

ちなみに茨城の「凍みこんにゃく」は冬の農閑期に農家の方が
厳寒の田んぼにこんにゃくを一枚一枚敷き詰めて
お昼に水をかけて夜凍らせて、次の日またひっくりかえして~
というのを20日間くりかえしてつくるという大変重労働を伴う
高級な保存食。
うちは本物は食べた事がありません。(笑)

高級とはなにかと縁遠い愛しき我が家。
なので予想ですけど・・・
きっと本物も・・・
こんなのじゃ・・・ない・・かな~?


と、超テキトーに自分で納得してます。




冷凍したこんにゃくの食感はズバリ
スカスカのこんにゃくです。

・・・・・。

・・・・・・でもおいしいのよ!?

私絶対料理番組のレポーターにはなれないな・・・。

でもほんとほんと。
こんにゃくとはまた違った美味しさになります。

我が家はカレーにこの冷凍したこんにゃくを手でちぎって入れます。
食べ応えがあってなんかね~味が染みておいしいのです。
切り干し大根と煮ても味が染みて美味しいです。

凍らせることで、こんにゃく独特の弾力が
ぎゅーっと噛みしめれるようになるので
お肉食べれない人とか
マクロビオティックしてる人にとっては
味付け次第でお肉代わりになるんじゃないかな~。

そうそうなによりね。カレーに入れるとこう
どこかしら、なんとな~くお肉っぽいので
そりゃあもう経済的ですよ奥さん!


あらあら、凍みこんにゃくだけにしみったれた話しちゃいました。きゃは。

と、ダジャレもシャープにきまったところでおわります。

みなさまお試しくださいませ。



☆読んだよのクリックいつも本当にありがとうございます。
更新の励みになりまくってます(>_<)☆♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

[PR]
Top▲ | by kurashi-asobi | 2010-05-31 05:14 | 島の台所
さざえ天国☆磯あそび

先日「磯」にいってきました。

「磯」とは1年に1度、ウニやサザエ、アワビなどを取ってもいい期間のこと。
解禁ってやつですね。
漁協の組合員さんは2汐8日間、私たちのような一般の者は6日間
磯でそういうものをとることができます。

ウニとかアワビとかって
天然のものはこうやって漁師さんが1年待ちわびて規制をかけて
磯で大切に育ててとるんですね。そりゃあ高いハズだわ。
どうりでセレブな私には買えなかったわけね。

ちなみにその期間でも、磯に入るには行使料というお金がかかります。
私たち一般の人は行使料をひとり2500円はらって
タオルをもらって海に入ります。
監視の人がきたらそのタオルが見えるようにしておきます。

c0223451_10221933.jpg

私も子供の頃長崎に住んでいたので(島ではないけど)
磯遊びにはよく行っていました。

でも私が知ってる「磯」と全然違う!!

「磯」という響きは私にとっては潮干狩り的な、家族でお弁当もって出かけて
のんびり磯の恵みをつかまえたりウミウシをつんつくしたり
家族でのんびり~。
・・・・と想像していたんですが
とんでもない!!

島では漁師さん以外の人にとっても磯はまさに「戦いの場」
島最大のビッグイベントでした!

実際いろんな島の人に、
「磯は戦いよ~!」
「みんな真剣けん、誰も取り方なんて教えてくれんよ~!」
「連れてってくれる人もおらんかもよ~!」
「こーっそり見て技を盗むとよ~!」
「まあまあ、どうせ素人にはとれんとおもうばって」
などなど、通常の島のノンビリモードとは程遠い忠告を受けていて
そんな大袈裟な!と思っていたけど・・・・
ぜんぶ本当でした!!(笑)

皆さん、この磯にウニやらサザエやら
1年間保存しておけるくらい大量にゲットして
保存して保存食としてつかったり
瓶詰にして売ったり島外に出た家族に送ったりするそうで

今は磯の生物が減少しているので昔ほどは儲からないのだそうですが
ひとりで昔は●十万とかの利益が出たんですって!きょえ~!

まさに生活の糧、年に一度のビッグチャンス!
それはヘラヘラ笑ってられないわよね!
家族の為ならエンヤコラ!
新参者など構ってられないというのもごもっとも!


というわけで
ピクニック気分満開の新入りはこの事態を
どうのりこえたらいいもんかと思いつつ
日々散歩の途中に井戸端会議で「磯」を
アピールしまくっておりましたら

同じ地区のおじいちゃんおばあちゃんが
おばあちゃんがつかっている「磯セット」を
まるごと貸してくださいました。(泣)
磯用の靴まで(泣)

初心者には危ないから深いとこいっちゃダメ
石から石へ飛びうつっちゃダメ
など注意事項まで教えてくれて・・・・

優しい(泣)

よし!道具よし!
c0223451_10234749.jpg


あとは連れて行ってくれる人!
というところでIターンの大先輩
民泊ぶうさんちのみほさんから
「磯いくぅ?一緒いくぅ?海の中水族館みたいだよぉ~♪」
という随分周囲の忠告とは温度差のあるノンビリモードのお電話をいただき
漁協に行使料を払いにいくところから教えていただき
見事、しっぽフリフリ
一緒に連れて行ってもらえたのでした。

海の中はホントに水族館みたい!胸のあたりまでつかりながら
イソギンチャクやら魚を見れて感動しました!

サザエの見つけ方なども教えてもらって
すっごく楽しい磯を満喫できました!



結果は・・・・・

我が家にもサザエがゲットできました!きゃは~♪
(あとできいたら地元の人のとった数の10分の1以下だったけど・・・)
これはサザエのお刺身。
ちょっと見栄えがひどいですが・・・・はじめてってことでお許しください。

でも味は抜群!
とってきた1時間後にはお刺身になるんだもんね!
美味しいにきまってます!おほほほ!
c0223451_10292395.jpg


夫婦でビールを飲みながらサザエが焼けるのをじっと待つ。
ああ、し・あ・わ・せ。
c0223451_10255777.jpg


さ~ざえ~さん♪さざえさ~ん♪
ものすんごく美味しかったです。
c0223451_10262939.jpg


こちらは私がはりきってとった雑貝。マツバガイ。
「そがんとはいつでもとれるとよ!磯じゃなか日にとりなさい!もったいなか~!」
と地元の方にあきれられましたが
・・・・だってサザエは私にはハードル高すぎるんだもん!
ぜんぜん見つけれないのです。
これだって我が家にとっては「アワビ」みたいなもの!
その他色々な雑貝も茹でていただきました。とっても美味しかったです!
ああ、私って安上がり。
c0223451_1027133.jpg


そしてこちらは「天草」。寒天の原料になる海藻です。
これが寒天になるなんて面白いですね~。
寒天づくり。近所のおばあちゃんに教わりながらやってみる予定です。
c0223451_10294831.jpg



というわけで自然を満喫、海の幸を満喫できた磯でした。

来年もがんばるぞ~!



☆いつも読んだよのポチ本当にありがとうございます☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

[PR]
Top▲ | by kurashi-asobi | 2010-05-29 10:27 | 島での暮らし
ホタルを見に行きました
c0223451_838264.jpg

昨日の夜は、島の「ホタルスポット」に連れて行っていただきました。
今年は寒いのでまだチラホラしか出ていないとのことでしたが
昨日は強い風にも関わらず
かわいいかわいいホタルの光を眺める事ができました。
島には、平家ボタルっていうのと姫ボタルっていうのがいるんですって。
平家ボタルはふわ~んふわ~んとしたやわらかな点滅。
姫ボタルはちか!ちか!とはっきりした点滅。
どちらも幻想的で感激しました。

島には昔はもっともっと沢山のホタルがいたそうですが
いまはすごく減っているとの事でした。
島のホタルのピークは連れて行って下さった方の情報によれば
6月4日あたり(虫の日ね)
雨がいまにも降り出しそうな蒸してあたたかい夜
日没から2時間くらいがよく見えるそうです。
昨日はかなり山奥までいったので
自分的にはホタル狩り+道中は肝試しのような
ドッキドキ楽しい夜でした。
ああ~島にホタルがもっともっと増えたらいいな~!
ホタルみた後のビールはきっと最高だよ!(そっちか)

お月さまが出ていたので、山奥も随分歩きやすかったです。
写真は帰り道にとったお月さま。

ホタルとまんまるお月さま
両方楽しめたすっごくステキな夜でした。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村 

[PR]
Top▲ | by kurashi-asobi | 2010-05-28 08:38 | 島での暮らし
2010年地球の旅

こんにちは

地球です

マイブームは漂流です
c0223451_11151091.jpg


世知辛い世の中

流れ流れて

白い砂浜にぼくひとり



ああ

ぜ・い・た・く
c0223451_11152932.jpg









ぎゃーっ!!!!
c0223451_11154380.jpg






島には漂流物がいーっぱい流れ着きます
みなさんポイ捨てしちゃやーよ
でもこんなかわいい漂流物もあるんですね~



☆いつも応援のクリック本当に感謝です☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村 

[PR]
Top▲ | by kurashi-asobi | 2010-05-27 11:18 | 島での暮らし
出来る限り自給自足でくらし隊

島ってお野菜とか安くてエンゲル係数低そう~♪
とお考えの方も少なくないはず。
友人たちからもよくそういうふうに言われます。

私もそのひとりでした。
でも実はエンゲルちゃんに関わらず
本土に比べなんでもとってもお高いです。

そりゃそうですよね。なんでも貨物船にのってくるんだもん。
ネットで送料無料の冷蔵庫を買おうとしたら
「通常送料無料ですが、離島の場合別途3万円かかります」といわれて
白眼むいちゃったぐらいだもん。野菜だってサラダ油だって値が張って当然。

夢のIターン。島の暮らしは豊かでいうことなしですが
所得減+生活費増の現実もあり
家計にとってかーなりつらい。

・・・・・やっぱ家庭菜園は必須よね!

と、と、いうわけで

こちらが我が家が最近かりた畑です。

ジャーン!立派でしょ。
家主さんにこんな大きな畑を貸していただきました。
c0223451_928151.jpg


こちらはトマト。
そのほか、スイカ、落花生、なすび、ピーマン、唐辛子、水菜、ネギ、紫蘇、ゴーヤを植えました。

なんと苗は全て私たちの家庭菜園計画を知ったみなさんからいただきました。
本当に本当にありがたいことです。
c0223451_929856.jpg


畑は家主さんちのおばあちゃんの畑のおとなり。
いつも色々教えてくださって本当に助かります。

おばあちゃんの教えを受ける家人。
自然に囲まれガーデニング~
休憩時間はカモミールティー~
というオサレなナチュラルライフ的妄想を三段跳びした
完全なおじいさんファッションです。
もちろんカメラを構えている私も完全おばあさんファッション。

写真のおばあちゃん。ちいさいけれど畑仕事のそのお姿はとってもシャープ。
無駄なく素早く、超かっこいい。
c0223451_945320.jpg


手前はスイカ。ごみ袋でつくった手作りの風除けがこの日一番のオサレアイテムです。
c0223451_9274673.jpg


観賞用やハーブじゃなくて
生きていくための「食べ物」をつくるっていうのは
また違った気持ちでとっても楽しい。

「おおきくなってね」だけじゃなくて
「頼んだぞ~!」と声をかけたくなります(笑)

夫婦で右往左往しながらつくっているこの畑。
本当に実がなるのかちょっと不安だけど
頼れるおばあちゃん先生がいるから百人力。


おばあちゃんの指導の元がんばって育ててまいります。






☆石灰まぜずに上からまいちゃった・・・・
ド素人ファーマーに応援よろしくおねがいします☆
↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

[PR]
Top▲ | by kurashi-asobi | 2010-05-26 10:35 | 島での暮らし
はるるんときよみちゃんにあかちゃんがうまれたよ!
おーいマッシュ~!
ご近所のはるるんときよみちゃんに
あかちゃんがうまれたよ~!

なまえは「ろこちゃん」

loco(ロコ)はローカル(地元)という意味のハワイのことばなんだって

すっごくステキなななまえだね
c0223451_6431429.jpg


ろこちゃんにあったら
かわいくて清らかで

感動して
涙がボロボロでたよ
c0223451_645185.jpg




あかちゃんやきれいなお花を見ると
無意識に笑ったり泣いたりしてしまうのは
それが「愛」のかたまりだからだってどこかできいたことあるけど
それはきっとほんとだね



あかちゃんは愛のかたまりだ
ろこちゃんは愛のかたまりだ
c0223451_646395.jpg



きよみちゃんは
都会から島にひとりでお嫁さんにやってきたおんなのこ

きよみちゃん
すごいよえらいよかっこいいよ
ろこちゃんにあわせてくれてありがとう

はるるんはきっとすごくいいパパになるね
c0223451_6483816.jpg



ろこちゃん
うまれてきてくれて
みんなすっごくうれしいよ

おたんじょうおめでとう!
c0223451_646389.jpg



☆いつも応援ありがとうございます☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

[PR]
Top▲ | by kurashi-asobi | 2010-05-25 06:13 | 島での暮らし
つわぶきとりとばあちゃんと

2週間ほど前、つわぶきとりに連れて行っていただきました
つわぶきをこちらでは「つわ」と呼びます

砂浜の目の前にある斜面によじのぼってつわをとります
c0223451_743441.jpg


砂浜で波の歌をききながら
つわの葉っぱをちぎって帰ります

こうやって自然の恵みを自分でとって
いただけるってなんて幸せなのでしょうか

そしてこういうことは知識のない自分ひとりではなかなかできず・・・・・
お声掛けいただいて連れて行っていただけることに感謝です
c0223451_744545.jpg


このつわは帰って、3日ほど天日干しにしてから一晩あくを抜いて
たっぷりの昆布と皮ごときゃらぶきにしていただきました
それはそれは美味しかったです
c0223451_74426100.jpg

つわとりにいったのはたぶん幼稚園ぶり
祖母に連れて行ってもらった記憶が香るように身を包み
しばし天国の祖母にご挨拶



思い出すのはほの暗い森の小道

しめった枯葉をふんであるいたこと

山鳩の声

濡れた緑

祖母の手ぬぐい

肝心のつわをとっているシーンは思い出せないけれど

そうだあの日は

ばあちゃんとつわをとりにいったんだ




島ではよくこうやって祖母との記憶が蘇ります

覚えてるんだなあ心は
鍵さえあれば引き出しにはいっぱい優しい想い出


島にはいっぱい鍵があります

あのころの時間が

大人になった今でもここには残っています






☆いつも応援のポチ本当にありがとうございます☆
↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

[PR]
Top▲ | by kurashi-asobi | 2010-05-24 07:44 | 島の台所
初カスピ海ヨーグルト

c0223451_1635555.jpg
 
種をいただいてつくってみました
初カスピ海ヨーグルト

牛乳1本にスプーン1杯くらいのカスピ海ヨーグルトを入れて
常温で1日置いていたら
牛乳が全部ヨーグルトになりました
すごいっ

モッツァレラチーズとヨーグルトのハーフみたいなかんじです
とってもおいしい

蜂蜜をいれていただきました
この感じはドレッシングにもよさそうですね

雑菌に気をつけないといけないと
出来上がってからネットで知ったカスピ海ヨーグルト・・・・・

おもいっきり煮沸しないスプーンでかき混ぜてしまった・・・・・・

健康なまま長生きしてくれますように

とりあえずNEWベイビーは瓶に入れて冷蔵庫に保存しました



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

[PR]
Top▲ | by kurashi-asobi | 2010-05-23 16:08 | 島の台所
農薬空中散布おわりました
昨日朝、先日お伝えしていた農薬の空中散布がありました。

朝散布して、昼から早速天気予報通りに大雨がふり

樹木にかかっていた農薬は散布後まもなく

多くが流れ落ちたと思われます。

我が家は犬猫がおりますので

散歩などひきつづき慎重に検討し生活します。


また、空中散布の翌日が小学校の運動会の予定でしたが

こちらも雨で中止になりました。

空中散布の翌日ということで

子供の体への影響が特に心配でしたので

すこし安心しました。


ここ数日、ブログへの反響が大変大きく

日常で驚くような出来事も沢山ありました。

あらためて人生は日々修行であると感じます。

でも相変わらず島は美しく

私はとっても元気です。


これからまた

島の美しい日常を綴っていきたいと思います。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

[PR]
Top▲ | by kurashi-asobi | 2010-05-23 10:10 | 島での暮らし
松くい虫空中散布
昨日は、島の松くい虫空中散布の予定日でした。

松くい虫空中散布とは、マツノザイセンチュウという松を枯らしてしまう虫を媒介するマツノマダラカミキリという虫を殺すという目的のために、殺虫剤をヘリコプターで空中から散布するというものです。

おととい、空中散布についてのおしらせの1枚の紙が回覧板で我が家に回ってきました。
天候の事情で散布は結果的に延期されましたが、私はこの回覧板ではじめて、島で薬剤の空中散布が行われている事を知り大変驚きました。

紙には、2週間は牛などを放牧しないように。散布中の外出はしないように。池の鯉などにかからぬようカバーをするように。具合がわるくなったら病院へいくように。などの注意事項がかいてありました。どのへんで何時頃の作業なのか、私の家の近くはどこで散布をするのかなどはわかりません。

松くい虫については、大阪にいるころから、日本全体で松くい虫の問題が大変深刻であること、その為の農薬の空中散布を行っている事、空中散布の成果には賛否両論あること、それによる住民の健康被害の報告が相次ぎ全国各地で近年次々に空中散布が中止になっている事などは新聞やテレビの特集などで知っていました。

ただまさか、美しい自然を観光資源の柱にし、第一次産業が主な財源である島でも農薬の空中散布が行われているとは思いも寄らず。ニュースで見ていたそれが翌朝に行われるということに大変驚きました。



小値賀には数多くの黒松が植林されています。松は島にとって大切な防風林・砂防林であり町のシンボルです。島は住んでみると驚くほど風が強い。防風林がないと農業・生活に支障をきたします。松くい虫の問題は大変難しく、松くい虫を退治しないと松は枯れ、様々な大きな損害がでる事が考えられます。

また、地上散布は空中散布以上の費用と人件費がかかるため、本年度は空中散布しか方法を見いだせないという厳しい状況もあるのだと思います。

しかしながらこのような散布にあたっては、日本中で問題になっていることですし、事前に説明会などが開かれ、農薬の安全性をデータで実証できる資料が配布されるものだと思っていましたので翌朝の散布を告げる突然の告知に本当にびっくり玄関に立ちつくしてしまいました。


私はエコロジストではありませんし環境問題にも詳しくありません。農家のみなさんが作物を育てるにあたって最低限の農薬を使わなければ流通にのせる数量・品質の商品を生産できない現実も理解していますし、多くの環境では必要に迫られ除草剤・殺虫剤などが使われていることも承知しています。家庭でいえばキンチョールだって蚊取り線香だってあります。私自身も環境に対して特別なこともしておらず、自分自身知らぬ間に沢山の環境を壊し、利用し生きている人間です。


でも、相手を選ばず無差別に空からふりかかる殺虫剤の空中散布にはやはり大きな不安を覚えます。


みなさんご存知のとおり、恥ずべき事に現在先進国で農薬の空中散布を許可している国は日本だけです。アメリカ等諸外国では私が生まれる以前、もう30年以上前から、人命にかかわる昆虫を介した伝染病などの対策以外はいかなる農薬も空中散布しないよう、法律で厳しく取り決められています。それほど危険で生態系を崩すものだという事をみんな知っています。

今回の空中散布は薬剤はスミパインMC 、主成分は フェニトロチオン、人畜には低毒性の薬物といわれています。人間には害が少ないといえど、駆除目的以外の沢山の昆虫たちまでもが一撃で死にます。ちいさな小鳥で息絶えるもの沢山います。空中散布後に木の実など食べないようにという人間の注意事項を、虫たち、鳥たちは耳にする事ができません。そして空中から撒かれた農薬は土に染みこみ、やがて海に流れ込みます。


ここで人間の事ばかり書いてしまうのは自然に対しておこがましいことですが、人間は食物連鎖の頂点にいます。かのレイチェル・カーソンが著書『沈黙の春』で取り上げられたとおり、食物連鎖の結果、生物に蓄積しやすい物質が上位捕食者に集中していく生物濃縮がおこります。海水からプランクトン、小魚、大魚へと食物連鎖上、上位の生物が餌を通して汚染物質を濃縮させてゆきます。その濃縮は、生物から生物を介しただけで何百倍にも濃縮されていきます。そしてこれら様々な生物をまた人間が摂取し濃縮される。最大の被害にあうのは、ほかでもない島の人々やその子孫です。


そして作業をしている皆さんの健康がものすごく心配です。飛散した農薬を吸い込む事は、たとえその時に変調はなくとも、必ず体内に蓄積され、ご本人や次世代の子孫に受け継がれます。島を愛し、松を守るために、純粋な思いで一生懸命作業している当のご本人の体を蝕むのはとても悲しい事です。


みなさん新聞などでご存知のように、他の地方では、散布後の多数の健康被害や薬品製造会社の虚偽の安全性の報告などが引き金となり、各地で住民や町のお母さんたちからなる会で空中散布の反対運動がありました。結果、今年は島根でも空中散布が中止となりました。群馬では県自身が住民の健康被害を考え、空中散布の自粛を市町村に促し、その他都道府県でも次々と中止が決定しています。


島では私が農薬散布があることをを知るような、目に見える反対運動はありませんでした。全国的に各地で反対運動、散布中止が広がっているなか、島では大きな動きにならない理由はわかりませんが、これは島にとって大変大きなチャンスであると思います。


島の皆さんは島を心から愛していて、誇りを持っておられます。高齢者とよばれる世代のみなさんも、高齢者と思えぬ行動力と若々しさ、他国と隣接した土地柄からか、とても新しい考え方に寛容で柔軟な考えを持たれています。


そんな皆さんの知恵を出し合い、新しい知識を取り入れ、新しい松との向き合い方を自主的に提案し、力を合わせて防風林を守っていくことができれば、それはどんな特産品よりも大きなニュース、全国の抱える大きな問題のモデルケースとなり、日本の環境先進地区としての大きな誇り、最大の観光資源となることは間違いありません。


松はとても大切な防風林です。そしてそれ以上に人間の健康、作業されている方の安全が大切です。まずは空中散布を中止した多くの地域から学び、空中散布よりピンポイントで散布できる地上散布に切りかえる時期にきているように感じます。


間伐や土壌改良、他樹木との植林、耐性のある松の苗木の育成などなんらかの方法を検討、調査し、動き出す事が出来れば、その作業は長い年月のかかる大変なプロジェクトですが、島の豊かな生態系をとりもどすとともに地域の大きな雇用にもつながります。それが本当の意味での美しい環境の島をうたうことができる、世界に誇れる大きな第一歩であると思います。


私も島に住まわせていただいている以上住民のひとりとして、これから島の松をどうやって守っていくのか、生態系を守り、海を守り、かつ島に合った自然な状態での防風林とはどのようなものなのか、農薬散布の代替え案、継続可能な森林保持の方法など島の為に真剣に考えていかなければと思うと同時に、自分の日常をふりかえり、環境への配慮の足らなさを改めて猛省しました。


私も毎日の暮らしがそうであるように、これだけ自然が豊かだと自然のちいさな変調にも気が付きにくいのかもしれません。島にずっとお住まいの方には、ここにある自然、松以外の生態系がどれほど美しく貴重であるのかが、豊かであるがゆえに感じずらいのかもしれません。だからこそ島の財産である自然は厳しく監視し守っていかなければなりません。まさに「木を見て森を見ず」では将来気がつけば大変なことになってしまいます。


自分たちが住んでいる島がどれほど奇跡的に美しいのか、この島の生態系や文化を守っていく事が現代社会においてどんなに素晴らしい価値と意味があることなのか、この島は世界一だと胸をはって誇れる美しい場所であるという事をしっかり胸において、これからも生活をしていきたいです。


島のお年寄りから昨日「空中散布について話をするのはよくない。島に住めなくなるよ。」と助言をいただきました。島はちいさなコミュニティ、センシティブな問題について言及するということに様々なリスクがあります。ですのでこのブログを書こうかどうか大変迷いました。島にとってマイナスになる事は書くべきではないとの思いもありました。

しかし、私たち夫婦の安住の地と小値賀島という世界に誇れる美しい島、沢山の生命や生態系、島の子供たちや住民の命を天秤にかければ結果はただひとつ。大好きなこの島に住めなくなる事はつらいですが、それとは比較にならないくらい、この島の生態系を守る事の方が重要です。また、化学物質過敏症などで離島に移住を検討されている方も多くいらっしゃると思います。田舎への移住に際し、空中散布というのは大変大きな線引きのひとつになると思い、私なりの覚悟をもってこのブログを書きました。私自身、強力な化学物質だけですが、強い殺虫剤などで喘息が出るタイプなので散布はとても不安です。


数日後に沢山の虫たちの命が失われる事が本当につらく、回覧板を受け取ってからいまだにぼんやり視界が霞みます。

この豊かで美しい自然と、島民のみなさんの健康、穏やかな暮らしだけは失ってないけません。未来の子供たちにこの美しい島を残すために、知らなかったではすまされない事も沢山あります。ここに住む以上は私自身しっかり勉強しなければなりません。



応援よろしくおねがいいたします。
↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
[PR]
Top▲ | by kurashi-asobi | 2010-05-19 08:55 | 島での暮らし
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin